クレジットカードも利用可能な精算機を導入している場合のコインパーキング看板

クレジットカードが使えることを文字で伝える

コインパーキング看板でクレジットカードを使えることを伝える最も簡単な手段は、文字情報を使用することです。
「クレジットカード決済に対応」や「クレジットカードOK」など端的に伝える方法があります。
また、コインパーキング看板に「クレジットカード対応精算機導入」など具体的な機器が用意されていることを伝えれば、無人の専用機器が設置されており手軽に決済が完了することを知らせることができ、これならば面倒な小銭を取り扱う必要も無く簡単に決済が可能なので、ぜひ利用してみたいという気持ちにさせます。
昨今では非接触な暮らしを求める方が増えており、タッチ決済に対応している場合にはその旨も記載すればさらに訴求力を高めることができます。
文字の色も重要で、必ず背景色と反対色にして目立たせたり、コインパーキング看板の場所によっては蛍光色や蓄光できる特殊な素材を使用するなどしてインパクトを与えることも大切です。

ビジュアルから訴えかけるコインパーキング看板

文字情報よりももっと簡単に伝えられる方法に、ロゴやピクトグラムがあります。
お馴染みのクレジットカードブランドのロゴがコインパーキング看板に掲載されていれば、一目で所持しているクレジットカードが精算に使用できることが分かります。
常に持ち歩いているクレジットカードであるほど、そのブランドのロゴは頭の中に入っており、コインパーキング看板で同じロゴを見つけることでイメージが繋がり、このコインパーキングを利用してみたいと思う強い動機づけになる効果もあります。
ピクトグラムも重要で、クレジットカードを精算機のセンサーに読み込ませているシーンを簡素化したグラフィックで、キャッシュレスで手軽に清算を完了させる様子をイメージさせることもできます。
ロゴやピクトグラムなら文字情報を得て判断するよりも遥かに早く、本能的に内容を理解することができるのでコインパーキング看板でもよく用いられている手法です。

まとめ

コインパーキング看板でクレジットカードが利用できる精算機を導入していることを伝えるには、文字情報を掲載する他にもロゴやピクトグラムを利用する方法があります。
運転中に駐車場を探すのはドライバーには意外と負担がかかり、瞬間的に情報を伝えることが大切です。
そこでクレジットカードが使える精算機を導入していることをコインパーキング看板で簡潔に伝え、利用してみたいという気持ちにさせることが集客率に大きな影響を与えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。